ときどき、常にログアウト



ログインするのが面倒くさい、と思うときがある。
でもそれはパソコンを起動させてドラクエ10 を立ち上げて、さらにスマホのワンタイムパスワードを呼び出して入力する、この一連の動作が面倒ってわけじゃない。

そうじゃなくてもっとこう、精神的な、社会的なことが面倒くさいなと思うことがあるのだ。
たとえばPTメンバーを集めて職業分担を相談したり、なにげないおしゃべりに相槌を打ったり、せっかく誘ってくれた人に丁寧に断りを入れたりするのは、なんやかんやと心が面倒くさい。
わたしはこれを「社会的面倒くささ」と呼んでいる。

ドラクエは昔から大好きだから10にも興味はあるけど、この「社会的面倒くささ」を考えるとオンラインゲームに手を出す気になれない、という人はまだまだいると思う。
ゲームをしているときくらい、人間関係から解き放たれたい。
きっと、ふだんから人と真摯にかかわり合う人ほどこう思うのだろう。

ログインしたらチームに挨拶をするとか、パーティを組んだら宜しくお願いしますとおじぎをして見せるとか、何かに誘われたらできるだけ早く行けるかどうかを返事するだとか。
誰に強制されるものでもないけれど、ゲームと言えど、きちんとできたほうが良い。
そういうマナーはいろいろある。

とは言え、マナーを守るのが面倒くさい気分の時だってある。
だからそういう「社会的に在ること」を免除してくれる機能として、ドラクエ10の「常にログアウト」は非常に優秀な機能だと思っている。

この機能があまりにも便利すぎて、わたしなんかは、たまに現実でも「常にログアウト」できたらいいのにと思う。

たとえばちょっと心身のバイオリズムが低下してて、「ハァ、今日は仕事にいきたくないよ…おうちにひきこもっていたいんだよう…」というとき、それでも出勤しなければならないときがある。
出勤してもいいけど、今日やるべき書類の片づけや、メールの返信くらいならできるけれど、誰も私に話しかけないでほしい…。
手足を動かすことは苦痛じゃないけれど、他人とうまく関わるためのコミュニケーションメソッドを駆使するに足る元気はない。
そういう日は、他人との交流をできるだけシャットアウトできれば気が楽なのに。

こんなふうに、身体的には引きこもっていなくても、心を自分の奥深くに引きこもらせたたまま、体だけが電車に乗っている、みたいな状態は、現代人ならだれでも経験があるんじゃないだろうか。



で、わたしが思うのは、引きこもっている心を「それでもOKよ」と引き受けてくれるモノや人や場所は、多ければ多いほど良いということだ。
「OKと言ってくれるのは自室の布団だけ」となったとき、人は真性のひきこもりになる。

こんなふうにちょっと社会的な元気が出ない日は誰にだってある。
なんならわたしは多分4~5日に1日はこんな調子である。
考え事が好きなわたしは、裏を返せば非常に暗くてめんどうな人間なのだ。

誰とも喋る元気はないが、それでも手持ち無沙汰で、なにか頭と手を動かしていたいなというときに、ドラクエ10が助けになったことは何度もある。
フレンドの存在が鬱陶しいというわけじゃない、でも今日は挨拶を交わす元気すらない。
せっかく誘ってくれる人がいたとしても、断りの言葉を考えることすら、何だか今日はうまくできそうにない。
そんなときに、気軽に使えばいい。
ログイン表示切替機能はとてもいい機能だと思う。

いまわたしはFF11をプレイしているけれど、FF11には自分のログイン状態を表示するかしないかを選べる機能はない。
知る限り、こんな繊細な機能を持ったゲームは、ドラクエ10をおいて他にない。

これだけでも十分恩恵を受けていたのだが、ドラ10運営はさらに「ログアウト中に職業や髪型を変えても他の人にはそれがわからない仕様」を加えた。
さすがにやりすぎなんじゃないかと思ったけど、運営はこれを実装した。

繊細な機能を充実させれば、繊細な人間が集まってくる。
繊細な人間は注文が多い。
全ての注文に必ずしも対応する必要はないが、運営陣が細かいコミュニケーションを求められる場面は多くなる。
そういう流れを作ってしまうという意味において見ても、ドラゴンクエスト10はとてもコストのかかる商品だと思う。

人に知られずにログインしたい、「昨日、本当はいたんでしょ」とか疑われずに遊びたい。
マジかよわがまますぎんだろ。
だけど、そんな面倒くさい願いを一手に背負う覚悟を持ったうえで、人の心の機微に沿う機能を実装したドラゴンクエスト10が、わたしは好きだ。
そういうものが必要だと考えた人々が、わたしはとても好きだ。

オンラインゲームである以上、アストルティアで「完全に一人」になることはできない。
常にログアウト機能を使って、自分のフレンドに対して自分の状態を見えなくすることはできても、フィールドに出ればたくさんの見知らぬプレイヤーがいて、街はにぎやかに今日も活動している。
だから完全にオフラインのように遊ぶことはできない。
でも、それこそがオンラインゲームの、ログアウト表示の良いところなんじゃないかと思う。
知り合いではない誰かがそこにいて、フレンドじゃないけど同じドラクエプレイヤーが楽しそうにしている。
ただそこに居るだけ、という距離感が丁度良いのだ。

心や体が疲れていても、今日は誰ともチャットする元気がないと思っていても、なぜ「常にログアウト」してまでログインしたいのかというと、それはやっぱり人を求めているからだと思う。
人が存在する世界にわたしもまた存在する、ただそれだけのことを、ただそっと確かめてから眠りに就きたい夜があるからだと思う。