ヴァナ・ディールよりお届けする比較文化研究

ハーイみなさん、ごきげんよう
ドラクエ総合大学のマキ学長です。



きょうはですね、
ドラクエ10の大先輩MMORPGであるファイナルファンタジー11の世界、ヴァナ・ディールからお届けする企画。
第二回でございます。



サービス開始後、17年ものあいだ運営をつづける怪物ネトゲはいったいどんな世界なのか…?

ネトゲはほぼドラクエ10しかやったことなかったマキ学長。
おんみずからヴァナ・ディールへ出張して、様々なカルチャーショックをレポートしてゆきますよ。

第一回の記事はこちらからどうぞ。

ヴァナ・ディールにありてアストルティアを思う

2019年5月23日


なんぞ、FF11経験者のかたがたから「面白い」「辛らつ」「でもだいたい合ってる」と賛辞を賜りました★イエーイ


ヨシッ 



姿は違えど、マキ学長です。
FF11の種族、タルタル姿への変身完了いたしました。

それじゃ、さっそくみなさんをヴァナ・ディールへご招待!

もしもアストルティアでこんなことがあったら、正義感・即断力・発言力に優れた広場戦士のみなさんがすぐにでも頭に血を昇らせて提案広場に凸しそう…!ウププ!
そんなFF11の、いい加減で、マゾくて、いろいろと衝撃的な世界をご紹介します。
たのしんでいってくださあい!

店が閉店する

えっ何言ってるのこの人…、って、今思ったでしょ奥さん!
でもコレ本当のことだから。



ゲーム内のNPCといえど、みなひとしく人間です。
だから当然、眠ったりごはんを食べたり、趣味を楽しんだりしないと生きてはいけないのです。
ええ、だから店頭のNPCだって休むのは当然の権利ですええ。
という、FF11が世界に誇るべき人権思想に基づいたものがこの営業時間システムです。

ドラクエ10でいうところの職人ギルドがFF11にもございまして、各ギルドに併設されている素材屋さんでは営業時間がきまっています。



たとえばこのお店、営業時間は毎日3:00~18:00.
いったいどんな生活スタイルしとんねん。
時間外に行ってもいっさい相手にしてくれません。

ヴァナ・ディールにも錬金、鍛冶、調理などたくさんの職人ギルドがあるのですが、ごていねいなことにギルドごとに営業時間が微妙に違うというこだわりぶり。

もしも、もしもだよ?
アストルティアの職人システムにこんなきまりがあったなら。
ユーザー・ファーストに燃える、勇猛な広場戦士が黙っちゃいないヨネッ
キャー コワーイ

ただし、ヴァナ・ディールの時間はリアル時間の25倍の速さなので、言うほど長い時間休んでいるというわけではないんですね。
でも、職人しようとハリきってお店に行って閉まっていたら、ちょっとゲンナリしちゃうね、という感じ。

乗り物に時刻表がある

お店の営業時間につづいてハイ出ました!
ヴァナお得意の時間制限!

船と飛空艇は出発時間が決まっている…!

すごい、すごいです。
はじめて乗船場に行ったときは本当にぶったまげました。

「〇〇行き船の出発まであと10分(地球時間)です」



待てと…?
ここで10分待てと…?!

だけどこれね、今でこそFF11はサービス開始17年もたってるから人が少ないけど、往時はこんな待ち時間もちょっと楽しかったんじゃないのかなあって。
フレンドたちとおしゃべりしたり、港で釣りしたりしながら、船を待つなんて、なんだかいいじゃないですか。

まあわたしは一人で待つしかないんだけどね(フレンドゼロ)

そしてようやく船がやってきて、乗り込むと、目的地に着くまでにもけっこう時間がかかる…!



その間、デッキで釣りをしたり、船を荒らしにくるモンスターと戦ったりできるのですが……



マキさんはタコと戦って死んだので、元の町に戻された

信じられない…。