検索ワードからみるプレイヤーの興味関心



ヤーどうもみなさまこんにちは
ドラクエ総合大学のマキ学長でっす

今日はちっと面白い企画研究を思いつきまして。

グーグル検索を介して当大学ブログに導かれし学生さんたちが、どのようなワードを検索しているのか?にスポットを当ててご紹介してゆきます。

毎日まいにち何度も使っているグーグルで、人はドラクエにまつわるどんな言葉を検索しているのか…?
そこを覗いてみれば、アストルティアに暮らす人々の関心や気持ちやお悩みが、ちっとだけ見えるかも、なんて思うんじゃ。



検索表示回数第1位 「ネトゲ×相方」

当ブログが検索されたキーワードとして最も多かったのは「ネトゲ、相方」でした。
ここ三カ月での表示回数は合計338回
これには、さらに「ネトゲ、相方とは」「ゲーム、相方、意味」などの、ゲーム内における相方関係の定義や実情に関心を持って検索されたと思われる組み合わせでの検索回数を含みます。

当大学は、ネトゲ内の相方文化にまつわる研究考察をメインとする、世にもおかしな研究機関としてブチあげたものですので、「相方」が検索ワード第1位になったことは、わたしとってもまんぞくしているところです!
ヤッターー!!

さて興味深いので、検索された言葉の組み合わせと回数を見てみましょうよ。

「相方」という言葉が、「相方とは」「意味」という、その定義や実態を求めるワードとともに検索されているようですね。

コロナウィルスの流行などで自宅で遊ぶことが増え、はじめてネットゲームの世界に飛び込んだ新しいプレイヤーも多くいると考えられます。
その世界にも恋愛関係があることをはじめて目にした人々が、驚きと好奇心、ときには「ウハッ、ゲームの世界で恋人同士…?この人たち一体何やってんねん…」というある種ネガティブなモチベーションを持ってこういうワードを検索する機会も、もしかしたら増えたのかもしれない。
ホラみんな、暇を持て余しちゃってるしねーーっ
この珍妙で深遠なる相方の世界を探索するには、ちょうどよい機会だったのかも。

なおここでご紹介した「ネトゲ、相方」とは別に、「ドラクエ10、相方」など、ドラクエ10関連の相方システムについて検索された結果をのちにご紹介します。
「ネトゲ、相方」や「MMO、相方」で検索されるときと、「ドラクエ10、相方」で検索されるときには結果におもしろい違いが出ていました。
エヘヘ…
(楽しいデータがとれてよろこんでいる学長)

第2位 「人生はロールプレイング」

検索回数は3カ月で253回でした。
該当する記事はこちら。

「人生はロールプレイング」とはどういう意味か

2018年7月7日
「人生はロールプレイング」とは、ドラクエシリーズの生みの親である堀井雄二さんがよく言っている言葉で、ファンの間ではとても有名なフレーズです。

とはいえこのワードが上位になったのはとても意外でした。
やっぱり当大学ブログには、相方関係の記事を求めてくる人が多いかな、という予測をしていたからです。

ですがよく思い出してみると、この記事を書いた当時、わたし自身、「そういえば人生はロールプレイングって、どういう意味なんだろう」ということを考えていて、ネットで調べ回っていたのを覚えています。
それでもなかなか納得いく答えにたどり着けず、自分なりに解釈して文章にまとめたのがこの記事でした。

ひょっとしたらドラクエファンや、このブログにたどり着く人には、わたしと同じように、ちょっとした言葉の意味や背景が気になったり、とことん調べてしまう人が多いのかもしれないなあ。
そう思うとちょっとうれしくなる学長。

第3位 「ドラクエ10×相方×写真」

うっひょひょ、ドラ10が誇るフィルター機能を活用したうるわしきカップル写真(やらせ)。
エル子ちゃんの肩を抱いているいやらしい魚男くんが学長デエス!

というわけで当大学ブログにたどり着きし学生たちの検索ワード第3位は「ドラクエ10×相方×写真」の組み合わせ。
回数は、3カ月で204回です。

ってェことは…?!
1日に2人以上のドラクエプレイヤーが、「相方との写真ってどうやって撮るんだろう?」だとか、「どんな仕草をすればラブい感じに見えるかな・・?」という疑問や興味を持って検索している。
そういうことになるのではないでしょうか…
ウッヒョーーーこれは新発見!!!

当ブログで、相方写真のことについて書いた記事はこちらなんですが、

なぜ相方はウェディ男×エル子なのか

2018年11月25日

けっして、グーグル検索において、この記事がトップに来るわけじゃあないんです。
ということは、この検索をしている人たちは、「ドラクエ10 相方 写真」と検索して出てくるサイトやブログを、かたっぱしから読んでいっているのかもしれません。
ウッヒョ~そんなのたまらねえ光景だぜえ!

さて、ここでもう1つ面白い発見がありましたので学長、鼻息荒く研究結果を書き記す次第です。

ソレハネ……

「ドラクエ10」というワードとともに「相方」を検索している人たちは、これに加えて、「写真」「嫉妬」「別れ」などといった具体的なワードをプラスして検索していたことがわかったんだ……!
ズゴゴゴゴゴ・・・・・!(学長が興奮している音)



こ、これを見てくれい

ランキング3位になった「相方×写真」ってのは、まあわかるんだけど…。
「相方×束縛」「嫉妬」、そして「別れ」……。
これらの悲痛なる言葉たちを検索せざるを得なかったのは、ひょっとすると、現在進行形で相方との恋に悩める人々なのでしょうか。

わたくし相方研究を始めて早5年めでございますが、いつも思うのは、「ネトゲ恋愛って他の人に相談しにくいから、何かと孤独になりがちでしんどいだろうな」ということなんです。
こうして検索ワードとその数を視覚化してみると、相方との恋に悩んだ末、その答えをネット検索に求めるたくさんの人たちの姿が目に浮かぶようです。


そうして幸か不幸か、当大学ブログにたどり着いてしまった皆さんが、わたしの相方研究レポートを読んでいったいどんな感想をお持ちになったのか…。
いつかお聞かせいただければと思います。
そんなプレイヤーイベントを、またいつかやるのもイイネ!

出は本日の講義はここまで。
マキ学長でした!

*本日のブログは、サイト検索解析ツール”Google Search Console”で得られた当大学ブログに関する数値から書きました。