相方日誌はなぜ絶滅してしまったのか

時にして2014~15年ころ。
ぼくらは相方日誌に夢中だった。



「今日は相方さんとストーリー進めました!」
「今日はわたしたちの結婚式でした!
…なーんてね。ティアの話ですよ~♡」
「今日、ティアで一番大切な人とお別れしてしまいました……」

相方日誌とは上記のような惚気、誰得のデート報告、あるいは恋人にまつわる悩みをつづった日誌のことで、かつてそれらは冒険者の広場のフレンドカテゴリを席巻していた。

彼女・彼らが紡ぐ相方日誌は当時ゲームのストーリーやレベル上げと同じくらい充実したエンタメであり、数多の「相方ウォッチ勢」を生み出した。
ネット掲示板「痛い恋愛脳を晒すスレ」が生まれたのもこの頃である。