さいきんのマキ学長

はあい学生諸君、ひさかたぶりぃ
マキ学長だよ!!



あまりにも学生諸君を放っておきすぎたので、もう我が講堂には誰もいないかもしれないけど、それでもいい。
学長が今まで何してたのか、今日は書きたい。
そんなあらぶるキモチうけとめて。

もうかれこれ3か月くらいブログ管理画面を立ち上げてなかったせいで、「ヨシ書いたろ!」と思って起動しても更新処理がたまりすぎておりまして、更新してる間に昼食とひるねが済みました。
マキ学長です。

3か月の長きにわたり本学の運営を放置して……

さてわたしは何をしていたでしょうかーっ

学長は リアル 転職をした!

そうなんでっす
今年の8月、わたくしめはリアル転職しました。

まあ、何になろうと学長は学長よ。
とはいえ、まあ詳しくは内緒ですけど、わたくし結構大胆なキャリアチェンジを行いました。

「慣れるまで少なくとも半年はかかる」と、現在の上司に面接で言われたのですが、まあ半分は当たってて、半分は外れてるかな。

みなさんには想像つくかもしれないけど、マキ学長は態度がでかいので、周りの同僚たちに「既に10年くらいいる人に見える」と言われたり、一方で業界の知識はまだ乏しいので「まあ…ちょっとずつ覚えなさい‥」と遠い目で言われたりもします。

学長、リアル上司に自分のブログを読ませる

そんなわけで転職したわたしですが、さっそく奇行に及んだわけです。
入社早々、わりとみぢかに「アッ!この人はきっとわたしと同じくらいか、それ以上にクレイジーに違いない!」と思わせる上司を見出したのです。
50代、ゲームやデジタルエンタメ業界にとても精通し、長い通勤時間のためにSwitchを持参しているおかしな男…それが加藤さん(仮名)です。

晩秋の夕暮れ、有楽町のはずれの目立たない飲み屋。
わたしは加藤さんに熱く語って聞かせました。
ドラゴンクエストXというネトゲのこと、わたしがそれを早7年にわたりプレイしていること、アストルティアで人が関わり合いぶつかり合いしている様が非常に面白いのだということ。

そしてこの世界で知り合い、顔も声も知らないままに恋愛をする人々が存在すること。
そうした恋人たちを取り巻くうねりは、もはや個々のユーザーが感じる善悪や価値観などとうの昔になぎ倒し、一つの大きな文化を形成していること。
ネトゲ内には、そこにいる人間にしかわからない掟が生まれ、それが不問律のように守られ、時とともに廃れ、そしてまた新しい文化が生まれ育っていくということ。
わたしたちは目に見えない、手で触れることもできないはずのこの世界に、いつのまにか無自覚に固執し、滑稽な争いや和平を繰り返しているということ。

……記憶にある限り、わたしは現在進行形で在籍する会社の人間に、自分の研究やネトゲ歴について話したことはありませんでした。
ましてや加藤さんは上司です。



で、わたしは加藤さんにこのブログ「ドラクエ総合大学」の存在を話してしまいます。
なんて酔狂なんでしょう。
プライベートなヲタブログをリアル知人に読ませるだけでも相当ぶっとんでるのに、まさか、まさかの上司です。
我ながらシビレる。

翌朝、加藤さんから「いくつか記事を読ませていただいた」というメールが届きました。
加藤さんには完全に無断で、いただいたメールの内容を紹介します。

あなたが面白がっているのは、大きく言えば”Cyber Psychology“ (=ネット空間の心理学)という分野だと思います。
この学問は、欧米ではそれなりに学術的な研究がされていますが、日本ではまだあまりその名を知られていません。
いくつか関係する論文を送りますから、どうですか。
この分野で、世界の学者たちが今何を追いかけているか、詳しく勉強してみては。

加藤さんがメールに添付してくれた3つの論文は勿論、いずれも日本語ではありませんでした。
当大学を運営するにあたり、また、自分の趣味好奇心をみたすにあたり、わたしはかなりの量の心理学の文献をあさってきましたが、恥ずかしながら他国語の資料はまだ一度も読んだことがありません。

で、休日が来るたびに、ちょっと手が空くたびに、加藤さんが送ってくれたこの論文たちのことを一応、思い出しはするのですが‥。
皆さんのご想像通り、なかなかこちらの腰を重くさせる存在であるわけです。
他の多くの学問と同じく、心理学の世界にもたくさんの法則や定理、学説が登場します。
日本語ですら聞き慣れないそういった学術用語たちが、さらに英語やらドイツ語となって襲ってくるとなると、それに挑むこちらとしても相当のHPを積んどく必要があります。

だけど世界に、自分と同じような頓狂な関心を持ち、しかもそれをプロフェッショナルとして真剣に研究している人がいる。
それはわたしにとって、本当にエキサイティングなことです。

だから学長はいつかその人たちと、何年、何十年後になるかわからないけれどそんな頭のおかしい人たちと、ネトゲや、ネトゲ恋愛や、ネット社会の人間関係のおもしろさについて語り合いたい!!!
そう心から思っておりマス。

そして加藤さん、こんな変な部下の志をそのまんま受け止めてくれてありがとうございます。
2020年、学長、躍進の予感……!!

でもって加藤さんは今ドラクエXの無料体験版をやってます。
ウェイウェイ!